ツーショットダイヤル・イエローページ

<<<メニューページ

お得ダイヤル フリーダイヤル  IP電話

首都圏  東京(03)/全国 東京(03以外)
 神奈川 千葉 埼玉

関西  大阪  京都  兵庫  滋賀
 和歌山  奈良

東海・中部  愛知  静岡  岐阜
 三重  長野  山梨

北海道  札幌/函館/旭川
 釧路/帯広/室蘭/苫小牧/北見

東北  青森 秋田 岩手 宮城 山形  福島

北関東  栃木  茨城  群馬

北陸  新潟  石川  富山  福井

中国・四国  岡山  広島  山口  鳥取
 島根  香川  徳島  愛媛  高知

九州  福岡  長崎  佐賀  大分
 宮崎  熊本  鹿児島  沖縄

テレフォンセックス動画

ツーショットスマホアプリ特集

伝言ボイスコレクション

テレクラ・ツーショットダイヤルのイエロー
SMテレHの老舗!1000円分無料 ※18禁
VIP倶楽部
ワンランク上のプロフィールツーショット1分80円! ※18禁
SMツーショットダイヤル マンゾク
全国No.1 SMテレH!最大何と2万円分無料! ※18禁
テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク
驚異の即アポ率!5000円分無料 ※18禁
テレクラMAX
毎日8,000組!無料ポイント4,000円!

トップメニュー>ワンショットーク・ラウンジ

コラム ワンショットーク・ラウンジ

■きれいなサクラ

新スタート早々、またまた、って気もするけれど、今回もサクラ=テレホンレディの話です。 これは、つい最近。IPの名前はいえないけれど、19から23歳までのフレッシュギャルだけ! というふれこみのツーショットダイヤル。最近は人妻づいてたから、ちょっと志向を変えようと ここを選んでかけてみた。私、ちょっと歳だから、話が合うかなーと気後れするところもあったけど。 30秒ぐらい間をおいて、出たのは21歳、ミオちゃんっていう女の子。でもねえ。声聞くとわかるの。 絶対21じゃない。声にシワが寄ってる。私、キャリアは長いから、そのへん実にスルドいの。 ひと声聞いただけで、背格好や顔のカタチ、このごろじゃ、名前だってわかっちゃう。 「名前当てようか」っていうと「フフン」なんて笑われるけど、だいたい上位候補3つで当てるから、 みんな「エーなんでエ!」ってビックリしちゃう。なもんだから、年齢を当てることぐらいは ローレベル。たぶん30後半、私と同じ歳の感じ。サクラだな、どうやってゴマカシ続けるのかと 思って聞いてると、最近カレと別れたばっかでェ、友達もみんなバイト行っててェ、 私バイトにもアブれちゃってるから昼間ヒマ、みたいなこと言ってる。はいはいそうなの、って ちょっと白々しながら黙ってたら、なんか電話の向こう、彼女の後ろで別な女性の声がしてるわけ。 それも2人くらい。テレビ?って思ったけど、2人の話しのテンポもバラバラだし、あ、電話じゃんって 分かった。ひとりが最初にハアハア言い出して、しばらくたって、もうひとりも。

電話の彼女に「ビデオ?」って聞いたら、女が夜中ひとりビデオ見てるのは不自然だと思ったのか、 それかテレビだと「何チャンネル」って聞かれるとマズいと思ったのか、少し困って「ラジオ」だって。 もうアキレちゃって。失礼だよね。サクラはいいけど、それなら上手にだましてよって。 きっと稼ぎの悪い業者なのか、部屋も狭いし、隣の声はダダ漏れ。そこで歳のいったギャルたちが 感情たっぷりにお色気声を。と絵が頭に浮かんだ途端、もうサヨナラ。これ美しくないサクラ。 もうひとつ、これは別の番組だけど。仕事で徹夜明けの午前6時、神経が高ぶってるから クールダウンをと思ってかけたツーショット。電話に出たのは大学出て2年目、24歳OLの ミキという女の子。最初ひと声聞いて、ちょっと落ち着いてるかなとは思ったけれど、 まあいいやって感じで話が始まった。だいぶ話して、「早起きだね」って振ったら、「昔、会社に 勤めてた時は朝5時台に起きてた」っていうの。なんか話のツジツマが合わないわけ。 「え、昔っていつ?いま24でOLなんじゃなかったっけ」っていったら彼女、素直に「ゴメンね、 歳、嘘いってた。ほんとは27」って。「仕事は?」ってきくと、しばらく何も言わなかったけど 「いまこれが仕事」って。「うん?、いわゆるテレレ、テレホンレディなの?」「うん、うちは テレホンオペレーターっていうんだけど」。「自分でバラしちゃう人ってめずらしいよ」 「眠くてワケがわかんなくなっちゃった」「テレホンレディなんだ、いつもお世話様」みたいな くだけた感じで続いて、それから約30分。サクラならではの裏話をいっぱい聞かせてもらった。

彼女も素のままの自分で話せることに開放感を感じてるのか、眠気もとれて喋ってるみたい。 そんな雰囲気で普通の会話中心で話をした後、彼女が「ここに電話したのは、一応その気が あったからでしょ。ごめんね」っていうから「いまからでも手伝ってくれる?」って。 ミキちゃん、どうもありがとね。ほんとにイッてくれたのかどうかは分かんないけど、 「こんなの初めて」って、演技としたら迫真の演技で、こちらのカラダと心をいくぶんか 充たしてくれた。お互い長い長い間だまったまま、でもそろそろ寝なくちゃと電話を切る前に 「もうきっと会えないけど元気でね」と言葉をかけ合うその時、たった1時間くらい話しただけの アカの他人なのに、妙に寂しく切なくなって「ほんとに元気でね」と思ってしまう。 いい歳こいてバカじゃねーかと一方で思いつつ、不思議な余韻に感じ入ったりもする。 そんな、ちょっといい感じであとあと気持ちに残る、きれいなサクラもあるのです。

戻る←

いつでも即ハメ
生アド・テル番を大開放で取り放題!


Hな人妻と直電・直アド交換OK!


トップメニュー>ワンショットーク・ラウンジ